手作り酵素の作り方

  • HOME >
  • 手作り酵素の作り方

手作り酵素の作り方

季節の果実や素材をコーボンマーベルNで漬けて手作り酵素をつくりませんか?
酵母や酵素も増えて体にうれしい! フルーティな風味も魅力です。

基本の作り方

果実を洗ってから水分をきれいにふき取り、煮沸消毒したびんに入れます。果実が隠れるまでコーボンマーベルNを入れます。

素材にもよりますが、1〜2週間くらいから飲めるようになります。原液を水やお好みでお湯・炭酸水などで5倍程度に希釈して、お楽しみください。

おススメ手作り酵素の作り方

手作り梅酵素

さっぱりした梅の酸味と風味が夏場にぴったり。人気の手作り酵素です

【材料・準備するもの】

  • コーボンマーベルN … 525ml(1本)
  • 梅 … 300g(※冷凍のものでも作れます)
  • 密閉できる広口びん … 熱湯消毒して乾かしておく

【作り方】

  1. 梅はヘタの中のごみやヤニを竹串できれいに取り除きます。
  2. 水できれいに洗い、一つひとつ水分をふき取ります。(水分が残るとカビの原因になります。)
  3. 梅に竹串で5〜6か所穴をあけます。
  4. 煮沸消毒した広口びんに下準備をした梅を入れ、コーボンマーベルNを注ぎ入れます。
  5. びんの中に重し(皿など)を入れて梅が沈むようにしたら、びんの口をラップで覆い、ふたをします。
  6. びんを密閉したら冷暗所(夏場は冷蔵庫へ)で保存してください。
    2週間〜1か月後から飲み始められます。

【ご注意・ポイント】

  • 梅の分解が進むとエキスに濁りがでてきますので1ヶ月〜2ヶ月ほど取り出してください。
  • 落しぶたがうまくいかない場合はカビや腐敗などの原因になりますので、びんを毎日ゆすり、浮いた梅の表面に液をつけてください。
  • 取り出した梅はそのままお召し上がりいただけます。
  • 取り出した梅の果肉をジャムにする場合は、梅を水から少し煮て果肉が軟らかくなりましたら、種をとり出来上がりです。
このページのTOPへ戻る

手作り果物酵素(みかん)

旬の果物で作ろう! 酵母・酵素がいっぱいで体に優しい酵素

【材料・準備するもの】

  • コーボンマーベルN … 525ml(1本)
  • 果物 … 300g(目安)
  • 密閉できる広口びん … 熱湯消毒して乾かしておく

【作り方】

  1. 果物は、丁寧に洗い水気を良くふき取っておきます。
    (水分が残るとカビの原因になります。)
  2. 果物を1/2〜1/4にカットし、煮沸消毒した広口びんに入れます。
  3. 果物が隠れるまでコーボンマーベルNを注ぎます。
  4. しっかり落としぶたをします。びんの口をラップで覆い、ふたをして密閉したら冷暗所(夏場は冷蔵庫へ)で保存します。2週間ほどで完成です。

【ご注意・ポイント】

  • 落しぶたがうまくいかない場合はカビや腐敗などの原因になりますので、びんを毎日ゆすり、浮いた果物の表面に液をつけてください。
  • 果物は長く漬け込みますと皮などから苦味がでてきますので、2週間〜1ヶ月ほどで取り出してください。苦味が苦手な方は、柑橘類などは、皮をむいて漬けても構いません。
  • 取り出した果物はそのままお召し上がりいただけます。また、ジャムにしても美味しいです。
このページのTOPへ戻る

手作り生姜酵素

体を温めたい方に。冬場も、エアコンの冷えが気になる夏場にもおすすめです

【材料・準備するもの】

  • コーボンマーベルN … 525ml(1本)
  • しょうが … 300g
  • 密閉できる広口びん … 熱湯消毒して乾かしておく

【作り方】

  1. 生姜を水でよく洗い、一つひとつ水分をふき取り、お好みで2〜3ミリ程度にスライスします。
  2. 煮沸消毒した広口びんにスライスした生姜を入れ、コーボンマーベルを注ぎ入れます。
  3. スライスした生姜は落しぶたがしづらいので、そのままびんの口をラップで覆い、ふたをして密封します。
  4. 1日に1回〜3回程度びんをゆすり、浮いた生姜の表面に液をつけてください。3日〜5日程度で生姜は沈みますので、冷暗所(夏場は冷蔵庫へ)で保存します。
    2週間ほどで出来上がりです。

【ご注意・ポイント】

  • 生姜の場合は、薄くスライスすると、2〜3日からでも十分に美味しくお召し上がりいただけます。
  • 生姜の分解が進むとエキスに濁りがでてきますので1ヶ月〜2ヶ月ほどで取り出してください。
  • 取り出した生姜はそのまま食べても美味しくお召し上がりいただけます。
    煮物用の生姜としてもご利用ください。
このページのTOPへ戻る

ページトップへ